niccoのblog


by niccorock

柿八年。

我が家の庭に柿がなっています。



我が家といっても
賃貸なので
前に住んでた人が植えたもんです



だいぶ
朱く色づいて
見た目は美味しそうだけど

どうも
食べる気になれない



これは

「友人の御宅で出された
友人のお母さんの手料理はあまり食べたくない」

っていう人と似たような心境の気がする。




それ以前に
柿まで手が届かない


柿のために
脚立や高枝切りバサミを買う気にもなれない




だけど、

食べるか食べないかという選択の前に

早いとこもがないと
腐って落っこちて
とても臭くなるらしい。



「くせー!この家くせー!」

とか叫びながら
帰宅途中の小中学生が
走って家の前を駆け抜けるようになり、

お向かいの
新築2階建て屋上付き
レトリバーが二匹いて
お手伝いさんも二人いて
高級車が二台も止まっている御宅の若奥様に
嫌われてしまって
高級なお菓子が出るお茶会に誘われなくなってしまうだろう。

(今まで一度も誘われたことはない)






なんてことを考えながらも、





この柿は
八年前に命を授かり
今やっと
実をつけた

とか

そういう

セミ的な感じなんだろうか


とも考え



八年前の自分を思い返していた
秋のセンチメンタル。











おしまい☆
a0212695_1633477.jpg

[PR]
by niccorock | 2012-10-26 16:32